空売りを活用して短時間で大きな収益をあげる方法

信用取引における空売りは大変有効な資産運用の方法です。
空売りは信用取引口座を開設する事によって行う事ができます。信用取引並びに空売りは大変危険な取引とのイメージが強いですが、これを使う事で取引の機動性は大きく変わりますので、自分の投資の幅や収益を上げる為には必ず覚えておきましょう。

また、空売りの考え方を身につける事で株価が下落時に何故大きな動きをし、その直後に急騰するかも理解する事が出来ます。

株式投資を行う上で現物投資において上昇の要因ばかり見ていても、株価の動きのメカニズムが読みにくいのが株式投資です。時には下落の時にも収益を上げる事ができるのです。
そもそも空売りとは株価の下落に合わせて投資を行い収益を上げる事です。これを活用する事で相場の下落時や投資している会社が業績の大幅な下方修正を発表した時や、不祥事を起こした時にも大きな利益を上げる事が出来ます。

買いと売りの双方を上手く使う事で収益のチャンスは広がりますし、相場が急落、急騰を繰り返す不安定な時には短期間のトレーディングで大きな収益を上げる事が出来ます。最近では中国株式の大幅な下落に伴う約1ヶ月間の長期下落が記憶に新しいと思います。このような時こそ空売りの絶好のチャンスなのです。

空売りはチャートを参考にしていきましょう。移動平均線やローソク足の見方は基本的に買いの反対を行う事ですが、空売りを行なう際には損切りのタイミングは大変重要なのです。
株価の上昇はは理論的に株価の天井はないです。購入した株価が値下がりした場合でも下落の場合は0になるだけです。

しかし、上昇の天井は誰にも予想できません。空売りの損失を長期間放置すると孫壱は無限大に広がっていきますので注意が必要です。
空売りができるのは信用取引の口座を開設している方だけですので、売りを行いたい方は信用取引口座を開設しましょう。

空売りは大変有効かつ、大きな利益を得られる手段ですが、仕手や機関投資家はこの特性を使って個人投資家を煽って収益を上げる手法を駆使しますので慎重な取引を行いましょう。天井とみせかけて売りを仕掛け、個人投資家の売りを誘い、株価が一旦下落した所で更なる買い入れて空売りを行った人間の買いを誘って株価を釣り上げるのです。

このような場合は早急にポジションを整理して冷静な視点で相場を見直しましょう信用取引はそもそも買いにしろ売りにしろ短期勝負が鉄則です。損失を出したと感じたら理屈抜きで早急なロスカットを行う習慣が大変重要です。長期投資とは考え方が根本的に異なるのです。

しかし一般的にはマイナス要因となる各種経済指標の発表や、企業の不祥事、減益などで習慣を得る事ができるのは大変便利です。相場は常に上昇を続けるとは限りません。下落を有効に使える事で収益を上げる事が重要なのです。

上昇に限界を感じる相場や天井圏だと感じたら空売りを有効に使っていきましょう。